当サイト「借地権総合相談室」とは

手を広げる男性

はじめに

借地権の総合相談室として立ち上げた当サイトですが、
みなさんは、借地権と聞いてお分かりになるでしょうか。
借地権とは「土地を所有している第三者との間で賃貸借契約を
結び、その土地を借りて、その上に建物を建てる権利」
のことを言います。

借家権とは?

マンションを借りたり、
アパートを借りるなど家を借りた経験のある方は多いでしょう。
それは借家権といいます。
これに対して、借地権は土地を借りる権利です。
土地を借りて、その上に建物を建てることができますが、
その建物は自分の資金で建てた自己所有の建物となります。
つまり、建物は自分のものですが土地は他人のものという
状態ですので、時に土地を貸してくれている土地所有者、
いわゆる地主との間でトラブルが生じることもあります。

当サイトは、そうした借地権のトラブルに悩む方が、
「なんだ、地主と上手くいかないのは自分だけじゃないんだ」
と安心できたり、大きな争いに発展させることなく、
円滑な解決へと導くヒントを見つけることができる、
そんな借地権に関する情報サイトです。

このように書くと地主が一方的に強い関係にあるように
思われがちですが、実は法律上、借地権や借家権は
非常に強い権利として保護されています。

それは土地や家という人が暮らす拠点は、
私たちの生活にとってなくてはならない重要なものだからです。

借地借家法について

借地借家法という法律で、
借りた人の権利が強く保護されているのです。

そのため、「土地を貸したら返ってこないと思え」と
言われるほど、土地を貸す側にとっても大きな負担を強いられます。
とはいえ、土地を貸すぐらいの人は自分の住まいに
困っているわけではなく、たくさんの土地を抱えて
もてあましている方が多いので、
不動産収入が入ってくるほうがいいと貸しているわけです。

しかしこれまで宅地として貸していた土地を、
不動産開発会社に高く買い取るから商業施設の再開発用地として
売って欲しいと言われても、宅地を借りている住人との
土地の賃貸借契約を解除して直ぐに追い出すことが
できないなどの制約があります。

土地を借りている側

一方の、土地を借りている側の制約は、建物は自分のものですが
自由に売買することができないという点があるのです。
建物を売ると、当然のことながら土地を使用する
権利もくっついていきます。

なぜなら、建物はあなたのものになったけれど、土地は私が借りて
いるから使ってはいけないというわけにはいかないからです。
そこで、建物を売却する際には、地主の承諾が必要になります。
地主としてもこれまでは毎月、きちんと賃料を支払って
くれていたけれど、今後の建物所有者はあまりお金が
ないらしいとか、周囲に迷惑をかけそうな人だとか思えば、
土地を貸したくはないわけです。

そのために承諾を拒否されることもあるのです。
借地人としては新しくマンションを買うとか、
土地付き一戸建てを手に入れることができたなどの理由で、
どうしても現在の建物を売却したいこともあるでしょう。

みなさんもこのサイトをご覧になって、
借地権問題の解決をできるようにがんばりましょうね。