シェアハウスとして

シェアハウスってなに?

今、いろいろなところで話題となっているシェアハウス。
シェアハウスとは、ひとつの部屋をみんなでシェアして利用するという物件のことです。
御存知のとおり、一人で物件を借りると家賃がとても高いですよね。
このため、都心では「駅から遠い」など条件がイマイチなところでなければなかなか借りることが難しいです。
そこで誕生したのが、みんなで物件を共有する「シェアハウス」。
シェアハウスなら、電気代など生活にかかる費用もすべて「シェア」ですので、一人あたりが負担する価格が少なくてすみますよね。
このシェアハウスのメリットが広がっており、今の若い世代には「シェアハウスを利用する」という人が増えているようです。若い世代は誰かと一緒に住むということに抵抗も少なく、むしろそれを楽しむようなこともできますよね。
シェアハウスの良さは若い世代に広まっており、現在では目的をもってシェアハウスに住むという人も増えています。
例えば、シングルマザーのためのシェアハウスなんかは有名ですよね。
シングルマザー同士が助け合いながら生活をすることができるシェアハウスは、家賃や生活費も安く済ませることができますし、場所によっては立地条件がとてもいいところもあります。
こういったシェアハウスなら、ぜひ住んでみたいですよね。

シェアハウスで生まれる「コミュニティ」

シェアハウスは、単なる「住まい」ではなく「コミュニティ」としての顔も持っています。
シェアハウスの中には、住んでいる人同士で同じ目標を持ち「実現のために努力をしている」というところもたくさんあります。
共通の夢がある人同士で生活をすると、モチベーションが上がっていいという人もいますし、情報交換などをしっかり行うことができるので、そういった意味でも得るものが大きいかもしれませんね。

日本ではまだなじみの少ないシェアハウスですが、海外ではすでに定番となっており「住まいはシェアハウスありき」という国も少なくありません。
今後は日本もどんどんそうなっていく可能性があります。
特にコンセプト型のシェアハウスなどは「一度住んでみたい」と思わせるほど痰しそうなポイントが多いので、今後メインになっていくといいですね。
都心を中心にシェアが広がっていると言われるシェアハウス、今後はどんなふうに展開されていくのかがとても気になります。日本にもっと数が増えて良いものではないでしょうか。