借地権の売買相場

借地権は高い?安い?

借地権付きの土地というのは、地主さんとどのような契約になっているかによって最終的な時に地主さんに買い取ってもらうということも、可能になっています。
そのケースについては様々な契約内容がありますので必ずご自身と、地主さんとの間で双方が納得するような契約を行っていなければなりません。

その上で借地権付きの土地を売買するのであれば、どのくらいの相場なのかということも踏まえておきましょう。
ある程度の相場を知らなければ金額をのせられてしまうこともあります。
また反対に自分が売りたいという立場になった時、とても安い金額で買い取られてしまうこともありますので、後々損をすることがないように、相場を知ることはとても重要になります。

まず最初に借地権の処分についてですが、地主さんに対し更地で返却するといった方法や買取をして貰う方法、さらには第3者について借地権の売却や賃貸を行うといった方法があります。
借地権付きの建物そのものの権利は基本的に地主さんが持っているものではなく借りた側が所有しているものですから、まずは地主さんとの話し合いになるでしょう。

ここで地主さんが土地の返却を求めなければ第三者に売却することもできますが、この時には必ず地主さんの承諾を得なければなりません。
全て書面でこのような取引や契約が行われることになります。

地主さんとの間で金額について揉めることがある

前述の通り借地権付きの土地を地主さんに買い取ってもらうというケースになると、地主さん側の主張する金額と自分自身が主張する金額で違ってしまうことがあります。
このような借地権の譲渡価額というのは双方が納得しなければ交渉は成立しません。

もちろん、このような交渉を円満に収めるためのプロも存在していますので、プロに相談するのも良いでしょう。
まず第一に相場を知らなければ取引を進めていくことができません。
このような相場についても、それぞれのエリアやタイミングによって違ってくるものです。

全く需要のないエリアでの相場というのは当然ながら低くなり、需要が高ければ高いほど高くなるでしょう。
しかしながら、借地権を売りたい側としては少しでも高く売りたい気持ちがあり、買う側としては安く買いたいという気持ちがあります。
ここで思わぬトラブルに発展してしまうことがあるのです。
地主さんが借地権を買い取ってくれるという話で円満解決の直前になり、金額によって決裂してしまうこともあります。

借地権の相場は、専門家に聞くと良い

エリア的な問題で借地権の相場が変わることもありますが、個人間でやりとりをするのではなく必ず専門家に聞いた方が良いです。
専門家であればこのような借地権についても平均的な相場を把握していますので、その上で双方の取引をすることができます。

もちろん第3者に対し、借地権を売却するという場合でも同じことが言えるでしょう。
まずは不動産業者などに相談し、借地権の相場を確認した上で買い手と売り手側で話し合いを進めていく必要があります。
必要以上のトラブルを避けていくためにもまず第1に、相場をしっかりと把握し先方との話し合いをしましょう。