アパート経営として活用

借地でのアパート経営のやり方

最近はさまざまな投資方法が流行っているのですが、その中でもアパート経営に興味を持っている方は多いです。
アパートを貸し出すことによって、定期収入を得ることができるため、投資としては効率が良いのです。
アパート経営を自分の所有する土地ではなくて、借地で行いたいという方がいるかもしれません。

借地であっても、きちんと地主に承諾を得ることができるならば、アパート経営は観桜です。
借地権には普通借地権や定期借地権があり、借地をどのように利用するのかは最初に契約をする際に決めることになります。
基本的にはアパート経営が認められることは多いため、安心してアパートを建てることができます。

ただし、アパートを建てるためにローンを組みたいならば注意が必要です。
借地の場合、金融機関がお金を出してくれないケースが多いからです。
借地というのは普通に土地を所有している場合に比べて、価値がないと判断されるのです。

仮にローンを組むことができたとしても、通常よりもローンの額が小さいことが多いため気をつけましょう。
アパート経営をする際には建て替えや増築などをすることがあるかもしれませんが、これらは地主の許可を得る必要があります。
また、地主が借地を売ろうとする場合には、借地人の許可を得る必要はありません。

さまざまなケースについて、何が認められているのかを確認してから行動しましょう。

借地でのアパート経営のメリットや注意点

借地を活用してアパート経営をすることのメリットは、土地の価格が安い点です。
その土地の所有権を得るためにかかるお金の半額程度で借地権を得ることができます。
アパート経営で最もネックとなってしまうのは土地の価格なのですが、借地権であればその問題を解決できるのです。

また、借地借家法が改正されるまえの借地権の場合は、基本的にずっとその土地を利用し続けることができます。
借地権の地代は固定資産税や都市計画税と比較するとかなり安いためお得です。
コストパフォーマンスに優れている点が最も大きなメリットといえるでしょう。

デメリットとしては、たとえば建て替えをするためには本来の持ち主に工事の許可をもらったうえで、承諾料を支払わなければなりません。
これはかなりの負担となってしまうため、気をつけましょう。

安い価格で土地を得たいという方には借地はかなりのメリットがあるのですが、自分の土地ではないためのデメリットがあるのです。
借地権の中でも定期借地権の場合は期間が定められており、期間満了の際には更地にして土地を返す必要があります。
ただし、その期間は50年以上となっているため、基本的には気にする必要はないでしょう。

アパート経営を上手く成功させられればかなりの利益を得ることができます。