太陽光発電システムとして活用

借地での太陽光発電

近年は太陽光発電が流行っているのですが、そのための方法として土地を買い取るタイプと借地を利用するタイプの2種類があります。
借地のメリットとしては土地を買うよりも初期費用を抑えることができる点です。
あまりコストをかけずに太陽光発電をやりたい方にとっては借地の方がメリットがあるでしょう。

個人が太陽光発電をしたい場合には業者に地主との交渉を任せることがほとんどです。
直接交渉をしたとしても、法的なことをきちんと理解していないと、こちらに不利な契約をしてしまう可能性があります。
専門家に任せることによって、地主とスムーズな交渉を行い、太陽光発電のための土地を得られるでしょう。

借地の場合は最終的には土地を返却するような契約となっていることが多いです。
あるいは土地所有者に対して太陽光発電のシステムを譲渡するというパターンもあるでしょう。
太陽光発電を投資として行うならばそれなりの広さの土地が必要となるでしょう。

周りに障害物がなくて、太陽光発電のパネルにきちんと日光が照射されることが大切です。
システムを導入するための資金は数百万円から一千万円を超えるようなケースもあります。
きちんと土地を選定して、太陽光発電に最適な環境を用意することが重要です。

借地契約の注意点

太陽光発電に適した土地であるかどうかは自分で判断をするか、業者に探してもらうことになります。
日本には地平線まで見渡せるような土地はほとんどなく、大抵の場合、田舎に行くとどこかに山が見えます。
その山によって太陽が隠れてしまうことがあれば、太陽光発電には不向きとなるでしょう。

降雪や落ち葉などによってパネルがうもれてしまうことがない点も重要となります。
また、近くに電柱があって、それによって送電することが可能でなければいけません。
聖地コストが小さいことも重要であり、あまりコストをかけずにシステムを導入できることが望ましいです。

地代の設定方法としては地価を基準とするか、あるいは売電金額に応じて一定率にするという方法があります。
太陽光発電は建物とは認められないため、賃貸借として扱われます。
売電収入を大きく得られるのであれば、かなりのメリットがあるといえるでしょう。

ただし、太陽光発電に適した土地であれば、わざわざ借地として他人に貸し与えるよりも、自分で始めるという地主もいるでしょう。
また、太陽光発電は最初の10年で初期費用を回収して、それ以降で利益を上げていくという事業計画が多いです。
そのため、いきなり利益を得られるわけではなく、かなり長期的な視野で利益を回収するという計画になってしまいます。

太陽光発電は計画的に行い、きちんと利益を回収できることを確かめてください。