定期借地権マンション

最近は住宅に対するハードルが上がっている

景気が回復しつつあるとはいえ、まだまだそれを実感できない業種も多いですよね。
とくに、住宅は数千万円のお金がとぶ本当に大きな買い物です。
「なかなか手が出ない」という人がいても、それは仕方がないのかもしれません。
仮に安い住宅だったとしても、それだけでは食いつかずに「付加価値」がないと売れなくなっていると言います。
それだけ、今の時代で「住宅を買う」ということは難しいのでしょうね。
そこで、最近になり人気を集めているのが「定期借地権マンション」の存在です。

定期借地権マンションって何?

定期借地権マンションでは、まず土地を「期限付き(50年ほど)」で借ります。
それから複数の人でマンションを建設し、「マンション建築・所有権利」「土地借用の権利」を共有するというタイプのマンションになります。
難しく書きますが、簡単にいえば「土地を借りて、その上に建物をたてて住む人同士で共有する」と考えればいいでしょう。
この場合、ポイントになるのが「土地を買うのではなく借りる」という点です。
御存知のように、住宅を購入するうえで一番お金がかかるのは「土地購入にかかるお金」です。
その土地をいわばレンタルしてレンタル料を支払う形になるので、定期借地権マンションは「安くて質のいい物件を手に入れることができる」という魅力があります。
借りている期間が終わったら、その時は建物を壊して更地にしたうえで持ち主に返すことになります。
この時に気を付けなければならないのは以下の点。
・契約終了間際になって、土地を買い取るようなことはできない。
・契約期間を引き延ばすようなこともできない
このデメリットさえ納得することができるのであれば、定期借地権マンションはオススメです。
参考サイト:岡山インターパークス・定期借地権

「買う」でもなく「借りる」でもない定期借地権マンション

定期借地権マンションの特徴として、「買う」でもなければ「借りる」でもないということが挙げられます。
私たちの概念だと、住宅と言えば「買う」「借りる」のどちらかというイメージがありますよね。
でも、定期借地権マンションは「どちらのいいところも取り入れたものである」という特徴があります。
もちろんデメリットがないわけではありませんが、メリットも多くあるのが定期借地権マンションですので、ぜひ定期借地権マンションのメリットを考えてみてほしいと思います。
「第三の選択」として、定期借地権マンションのことを考えておくといいかもしれませんね。
参考サイト:オールアバウト・あえて「定期借地権マンション」という選択