診療所として活用

診療所として土地活用する

開業医を希望するドクターは多いものですが、いざ開院するとなれば相当な費用が発生します。
クリニック開業するための設備の準備も必要ですし、物件を探し、今の病院との引き継ぎといったものも必要ですから、ドクターの負担は相当なものです。

そこで、最近注目されているのがクリニック物件を借りて開業するという方法です。
ここでは土地活用の方法として、病院やクリニックを賃貸物件として出す方法、メリットを紹介していきます。

クリニックを賃貸物件として出して利用者がいるのか

クリニックを開業するといえば、多くの人が医師はクリニック開業ための土地を購入してそこにクリニックを建設するものだと思っています。
しかし、土地を購入してクリニックを建設し、さらには設備を導入してということは相当な負担となるものです。

開業をしたいという気持ちはあっても初期費用を準備したりローン額が必要額に届かなかったりするということは少なくありません。
そこで最近注目されているのが賃貸でクリニックを開業するという方法です。

クリニックを開業するための賃貸の方法はいくつかあります。
土地を貸してそこにクリニックを作る方法、土地のオーナーが建物を建て貸し出す方法、メディカルモールを建てて複数のクリニックが入る方法、が主な運用方法です。

クリニック物件を貸し出すことで利益を出すポイント

ドクターの数や病院の数というのは地域差がとても大きくあります。
高齢者が多くいるのにクリニックが少ないという地域やニュータウンでまだまだ医療機関が少なく他のエリアまで病院に通っているという地域、というのはこれから物件を出すことで利益を得ることが可能です。

特に郊外で電車やバスといった公共機関を利用するのが難しい地域であったり、子供が多く住んでいる地域であったりすれば多くの人が車を利用してクリニックを訪れることになります。
そこで、駐車スペースも作っておくとクリニック物件の借り手がつきやすいです。

クリニック物件を貸すメリットについて

クリニック物件を貸すのはマンション経営と違い、病院として借りるドクターを見つけた上で建設することが一般的です。
そのため、建物ができたものの借り手がつかないというような空白期間ができません。

また、クリニックを開業すれば、多くの場合長期的に経営をしていくことになります。
そのため安定的な利益を得ることができます。
建設にあたっても専門的な知識が必要そうに思えますが、設備のことや医療的な知識についてはドクターがきちんと意見を出してくれますから、素人であってもきちんとクリニック向けの物件を建てることができますから心配いりません。