ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーとして働く

ファイナンシャルプランナーは主に個人の相談者に対して資産についての情報を分析し、資金計画のアドバイスをするのが主な仕事です。
お金の悩みはとても多く、マイホーム資金をどのように捻出するか、より家計をスリムにすることはできないか、子供の教育費がどのくらいかかるものなのか、将来の年金はどのくらいもらえるのか、というように人によって様々なことを悩んでいます。
そこで、住宅ローンや教育、年金、投資といった様々な分野の知識を有したお金のエキスパートとしてアドバイスをしていくのが役割です。

ファイナンシャルプランナーになるには資格がなくてもできます。
しかし、専門知識を身につけるためにも資格取得をすることが一般的であり、その中でも最も代表的な資格が国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士という資格です。
他にも民間資格が色々とあり、お金に関する知識を身につけるために関連資格まで取得するという人も多くいます。

ファイナンシャルプランナーが取得する資格

ファイナンシャルプランナーが取得する資格として最も多いのがファイナンシャル・プランニング技能士です。
これは検定に合格するとファイナンシャル・プランニング技能士として活躍ができます。
資格には3級から1級まであり、1級は最も難易度が高いです。

資格を取得すると有効機嫌がなく更新も必要ありません。
そのため、一度取得すると一生仕事に役立てることができるので、多くの人が3級から始め1級まで挑戦をしています。
名刺に肩書きを書く際にも○級ファイナンシャル・プランニング技能士と記載することができますから、上位資格には是非挑戦したいものです。

ファイナンシャルプランナーの活躍の場

ファイナンシャルプランナーとして働くには企業に所属して働く場合と個人で独立して働く場合とがあります。
企業で働く人たちは企業系FPと言われることが多く、銀行、保険会社、信用金庫、クレジット会社といった金融系の企業で従業員として仕事をしています、
現在、日本では9割近いファイナンシャルプランナーが企業系FPです。

配属先は様々ですが、営業職として資産運用やローン商品の販売で顧客の悩みを聞いたり具体的な運用アドバイスを行ったりしています。
多くの金融系の企業ではこのファイナンシャルプランナーの資格で必要な知識が役立つため、キャリアアップの一環として仕事をしながら資格を取得する人も多いです。

独立系FPと言われる人は個人または複数人で個人事業主や法人として特定企業に所属せず徳利開業をしています。
個人で顧客の相談業務を受けたり、セミナーを開講したりという仕事をしています。
中には保険代理店として独立して働いている人もおり、個人でも活躍の場は広いです。