基礎知識に特化した定期借地借家権プランナー

定借アドバイザーと定借プランナー

定期借地権に関する資格というのは定期借地権プランナーと定期借地権アドバイザーとあります。
二つの名前があり、さらに似ているものという言ことで両者の資格がきちんとわからないという人も多いです。

定借プランナーというのは定期借地権や借地権の基礎知識や理論を中心に学ぶ認定資格を取得するものです。
これは基礎的な内容であり、その応用編として実務内容を学ぶものとして登場しているものが定借アドバイザーです。

定借アドバイザーの資格を認定売るためには講座の受講が必要になります。
そして、定借アドバイザーの受講をするためには定借プランナーの資格を取得しておくことも必要です。

定期借地権プランナーの講座の内容

定借プランナーの資格認定鋼材は2日間にわたって行われています。
内容としては定期借地権についての基礎的なことを学ぶことができ、朝から夕方までしっかりと学び内容もかなり濃いです。
定借関連の仕事をしている人でも新たに学ぶことのできる内容が沢山あります。

初日の内容としては定期借地権や定期借家権についての法律関連の知識、定期借地権の税務や会計、相続税対策の事例、といった話を学んでいきます。
法律については普段から定借関連の仕事をしている人であれば理解している内容ですし、知らないことがあるというのは問題です。
しかし、それ以外に出てくる事例研究や税務関連の知識については参考になることが多くあります。

特に節税関連の話は今後の仕事の中で顧客に提案することのできる内容が増えるためとても参考になることばかりです。
そして、実際に自分の生活の中でも資産運用の形として役立てることのできる内容もあります。

二日目の内容としては定期借地借家権の事業計画や定期借地県の活用事例、といった実務で役立つ内容が多いです。
内容としては学んでおくと顧客にフィードバックできる内容があり事例研究はとても役立ちます。

これらの勉強をすれば認定資格を取得することができるのですが、ただ資格を取得するだけでは意味がありません。
きちんと多くの人の質問に答えられるように定借プランナーとしての知見を広げることが大切です。
資格を取得してからもきちんといろいろな勉強をして定期借地借家権関連の知識を身につけるようにしましょう。

また、時間に余裕ができたら定借アドバイザーの資格講座についてもぜひ受講するようにしましょう。
定借プランナーの講座よりもより実践的な内容を学ぶことができ普段の業務に役立てることができる内容がとても多いです。
講座の先生によって説明として使われる事例もいろいろなものがありますし、経験してきた顧客とのやり取りも違うので、そういった面でも講座の内容は役立つものがいろいろとあります。