賃貸物件のトラブル

頭を抱える男性

騒音がうるさい

賃貸物件のトラブルの中でも、特に多いのが「騒音トラブル」。
皆さんも、この騒音トラブルに関してはきいたことがあるのではないでしょうか?
「たかが騒音トラブル」とあなどるなかれ、世の中には騒音トラブルが原因で殺人事件が起きることもあるくらい、大変なものです。
以前、子供のピアノの音がうるさい!と事件を起こした男がいるのはあまりにも有名ですよね。
毎日そこで生活をする人にとって、やはり「騒音」は非常に大きなストレスになりますし、また辛いものであるということをきちんと認識しなければなりません。
そして、騒音トラブルは「こじれないうちに解決すること」が何より大事です。

家主に言って改善を促してもらう

まず、騒音に悩まされていたら「自分で言う」のではなく「家主に言って注意をしてもらう」ということをお勧めします。もちろん自分で言うことが悪いことではありませんが、自分でいったがためにトラブルが大きくなってしまったということもありますので、あまりオススメはできません。
相手が誠意ある人物ならともかく、そうでない場合は逆恨みのようなことが起きる可能性もあり、注意しなければなりません。
家主に言えば、家主はきちんと改善を促してくれたり、張り紙をして伝えてくれたり、と対策をしてくれますので、こういった方法をとってもらうのが一番トラブルを避けることができていいのではないでしょうか。
なんにせよ、自分でどうにかしようとはあまり思わないことです。

それでも改善しなかったら

それでも改善しない場合は訴訟なども考えられますが、訴訟はなんといっても手間がかかります。
時間もかかりますので、そのことを考えればあまりおすすめはできません。
とはいえ、騒音に悩まされっぱなしも良くないので、できれば話し合いなどをして前向きに解決を模索されることをお勧めします。

また、自分自身も「騒音を出さないように生活をする」ということが大事。
夜になったら静かにすること、小さな子供がいる場合は絨毯などを敷いて足音を消すこと、これだけでも騒音問題は少なくなるものです
人のことを考えて生活をする、これは集合住宅では基本的なことですので、きちんと守って生活をすることができるようにしていきましょう。
騒音問題で近所づきあいが悪化したというケースも多々ありますので、円滑な関係を築くためにも「しっかりと相手のことを考えて行動する」ということを心がけていきたいですね。
これだけでも、だいぶ色々なことが違ってくるはずです。