た行

地代

地代とは、土地を借りている側が貸している側(地主)」に支払うお金のことを言います。
つまり、借りているときに払うお金のことですね。
地代というのは土地を借りる以上絶対にかかるものであって、どんなに低い土地代になったとしても必ず支払いをする必要があります。土地を借りる以上、どんな土地であっても「タダで借りる」ということはできませんので、そのことはしっかりと考えておいてください。このことを「絶対地代」と呼んでいます。
また、「差額地代」というものもあります。
これは「同じ土地でも、そこがどんな土地なのか、どんな状態なのかによってできる作物が違ってきます。もともと土がいいところと悪いところがありますよね。それを基準に、最高の土地と最低の土地を比較した数値のことを「差額地代」と呼んでいます。

建て替え承諾権

内装工事中
自分の家だからって、好き勝手に建替えをしていいわけではない
これが土地というものの難しさにもなるのですが、仮に自分の家であって借地権をもっていたとしても、土地が他の人のものである場合は地主の許可をもらって承諾料を支払う必要があります。
「土地の上にどんな家が建ってたっていいじゃない!なぜ承諾料が必要なのか?」と思われる人がいるかもしれませんが、ごもっともな疑問ですね。「株式会社ライフコーディネート」が公開している「借地権にかかわる更新料・建替ええ(増改築)・承諾料・名義署書き換え料等の価格水準・相場」というページに、細かい理由が書いてありました。
土地とその上の建物を比較した場合、どうしても「土地の方の価値が高くなる」ということはご存知ですよね。たとえば。新築一戸建てを建てる場合でも、建物より土地部分の方が高いということはよくあります。つまり、地主としては「借地権が早く消滅して自分のために土地を使いたい」と考えるだろうということ。なのに改築を了承するということは、土地を貸している貸主の利益がそれだけ低くなるということにもつながり、それを補てんするために「承諾料をとる」というのが建替え承諾料です。
土地を借りている側としては納得がいかないかもしれませんが、これは支払う必要があるものですので、きちんと支払いましょう。また、増改築ありきで借りる場合はきちんと「建替え承諾料がかかる」ということを調べておかなくてはなりません。自分の家だから好きにしていいだろうと思われがちなのですが、人から借りている土地の上に建てている以上好きに立替をすることはできませんので、そのことはきちんと考えておきましょう。